保険のビュッフェに相談!賢い保険の選び方「50代の保険」

保険のビュッフェがすすめる年齢別の保険

50代ともなると血圧や血糖値など加齢による生活習慣病が発症している年代であり、更年期障害など今までは女性特有と思われてきた病気が男性にも発症することがわかってきました。保険のビュッフェでは相談者の世代に合わせて20代の頃には不要だった疾病特約などを見なおし、年齢に見合った内容の保険に切り替えていくことをすすめています。

50代に必要な保険の選び方は三大疾病と言われる癌と心筋梗塞と脳卒中についての特約の内容と、介護保険特約についてどの程度の要介護状態になった時に介護給付金が支給されるかなどを重視します。

 

契約者以外の家族も考える保険のビュッフェ

平均寿命の伸びにより50代はまだまだ働き盛りの年代ではありますが、念のため疾病により働けなくなった場合や突然死などのリスクも考えなければなりません。保険のビュッフェは保険契約者に万が一のことが起きても余命半年と診断された時にのみ支給されるリビングニーズ特約や遺族年金など多数の保険会社から最良なプランを呈示することができます。

選び方のポイントは病気による障害が残った場合や要介護になった場合、看病や介護をする家族の人数や年齢に応じて一時金として受けとるのが良いか年金として受けとるのが良いかという点です。